鬼祭りin豊橋2016!赤鬼と天狗のからかい時間が見どころだ!!

113110

豊橋市で行われる「鬼祭り」は豊橋の三大祭りのひとつ。全国でも有名なお祭りですね。

この「鬼祭り」は、赤鬼が天狗に挑む「からかい」が見どころ。この「からかい」の時間には見物人もピークとなって境内は大賑わいとなるのです。

からかい時間に見られる赤鬼と天狗は、どちらが勝つのでしょうか??今日は、豊橋で行われる鬼祭りについてのお話です。

スポンサーリンク

豊橋「鬼祭り」の日程

【安久美神戸(あくみかんべ)神明社(通称:神明社)】 豊橋市役所と豊橋公園に隣接する場所にある神社です。

2月10日(日)前夜祭

08:30 青鬼修祓

10:00 青鬼出動 岩戸舞

11:00 開運厄除特別祈祷 【開運飴まき行事】

13:00 五十鈴神楽

14:30 子鬼神事予習

15:00 奉幣祭

15:30 奉賛会 厄除け飴まき行事

16:15 岩戸舞と青鬼 宮司談合宮へ参向

18:00 青鬼帰還

19:00 夜宮祭(浦安の舞) 赤鬼と天狗のからかい 司天師田楽 諸神楽予習

21:00 夜宮祭祭事終了 

2月11日(月)本祭

08:30 御日の出神楽、子鬼修祓

10:00 例祭(献上幣使参向、浦安の舞)奉賛会【厄除飴まき行事】

11:10 供物、赤鬼・天狗・黒鬼修祓、司天師修祓

11:50 子鬼社参と厄除飴まき行事 田楽ならし(潔斎殿前)

12:30 神事祭(浦安の舞) 五十鈴神楽 奉賛会【厄除飴まき行事】

13:20 御的の神事

14:00 赤鬼と天狗のからかい 司天師田楽、諸神楽

16:00 御玉引年占

17:00 談合宮へ御神幸

17:10 神前奉納太鼓

18:00 本社へ還幸

19:00 子鬼帰還

22:00 司天師帰還

23:00 赤鬼・天狗帰還

赤鬼と天狗のからかいは、2日間ともありますが、10日は予行演習みたいなもの。赤鬼が白い粉をまくことはありません。

でもこうやってみると、いろいろな神事が執り行われているんですね!

鬼祭りのいわれ

2016-03-30_152946

引用 http://image.search.yahoo.co.jp/

「鬼祭り」とは、平安末期創建と伝えられる安久美神戸神明社の例祭のことです。

昔、神領地の農民たちが、その年の五穀豊穣と神領の繁栄を祈って始められた祭りが始めとされています。

その後、今川義元等この地を治める武将の庇護を受け古式を残し伝えられてきました。現在では、国の重要無形文化財にも指定されている由緒あるお祭りとなっています。

そしてこの「鬼祭り」、東三河に春を告げるとも言われているんです。

実は私、バリバリの地元人間!子供の頃、鬼祭りがある度に、母が“もうそろそろ春がくるねぇ”と言ってたのが思い出されます..(´-`*)。

関連記事 豊橋市「うめまつり」2016!向山公園の梅林園は梅の種類の多さが自慢の名所!

赤鬼と天狗のからかいはどちらの勝利?

「鬼祭り」の主役と言ってもいい赤鬼と天狗。実は、ある神話が元となっているのです。ここで元となった神話をご紹介しますね。

神話

昔々高天原では大神によって農耕が進められていたが、荒ぶる神はせっかくの穀物をまき散らすなどのイタズラをくり返す。それを見かねた武神は武器を持ち、荒ぶる神を懲らしめる。荒ぶる神は何度も武神に立ち向かうがその度に敗れる。そこでようやく懲りた荒ぶる神は穀物の粉で自らの罪を清め、武神と仲直りする。

この神話で登場する荒ぶる神が「赤鬼」、武神が「天狗」となっています。「鬼祭り」では、赤鬼が天狗を挑発するシーンがあります。

結局、暴れる赤鬼を天狗が退治してしまうのですが..。天狗の勝ちってトコのストーリーも神話と同じですね!

白い粉にはご用心(>_<)!!

赤鬼と天狗のからかいで負けた赤鬼。若い衆と共に、白い粉とタンキリ飴とまき散らして境外に走り出していきます。

赤鬼がまいた白い粉を浴びタンキリ飴を食べると、厄除けになると伝わっていて縁起がいいんです。でもこの白い粉、一度付いたら取れません(>_<)。

からかいで集まった見物人、赤鬼のまいた白い粉で真っ白!ひやぁ~、この後どうするんだろう??とても心配になっている私なのです。

先ほどお話した通り、私はバリバリの地元人間。実は私には弟がいるのですが..。

この弟、子供の頃は鬼祭りになると赤鬼の後ばかり追いかけまわすヤンチャぶり。当然、全身真っ白で帰宅!

なぜか洗濯しても落ちないらしく、母ギャーギャー!次の年からボロボロの服を着せて鬼祭りに行かせていたのです(^^ゞ。

関連記事 豊橋市西光寺の酉の市2015!日程と正しいお参りの仕方について!

アクセス

【所在地】豊橋市八町通3‐17

【最寄駅】名鉄名古屋本線・JR東海道本線「豊橋駅」→市電「豊橋公園前」下車 徒歩2分

【車】豊川ICより約30分

【問い合わせ】TEL:0532-52-5257

※専用の駐車場はありません。公共駐車場や有料駐車場を利用して下さい。

まとめ

いかがでしたか?

豊橋市で行われる「鬼祭り」。国の重要無形文化財にも指定されている由緒あるお祭りです。

2016の日程は、2月10日(日)・11日(月)の2日間。このお祭りでは、赤鬼と天狗の“からかい”の時間が見物人でもっとも賑わいます。

からかいの時間は10日19時、11日14時となっていますが、赤鬼が白い粉やタンキリ飴をまくのは11日だけとなります。

2016年が良い年であるよう、是非お祭りに参加してみてくださいね♪

以上、「鬼祭りin豊橋2016!赤鬼と天狗のからかい時間が見どころだ!!」でした。

スポンサーリンク

いつもシェアしてくれてありがとうございます。^-^)/

ゆるやかにフォローする

スポンサーリンク