コンビニの両替禁止は当たり前!4つの理由で大いに納得!!

私たちの生活の中で、急に両替が必要になることが時々あったりします。そんな時、身近にあるコンビニで両替できたら便利なのですが・・。最近のコンビニは両替禁止となっている為そうもいきません。

でも、どうしてここまで両替禁止が浸透しているのでしょう?その理由が気になりだし、急いで調べてみることにしました。ということで、今日はコンビニの両替禁止についてのお話です。そこには、なんと4つの理由があったのです(◎_◎;)。

スポンサーリンク

防犯上のため

両替禁止となったのは、そもそも「両替して!」と言ってお金を抜き取る詐欺が流行っていたということ。外国人が“ラッキーナンバーのお札が欲しいから”とか言ってきて、ナンバーを探すふりしてお札を抜き取る。もう、その方法はマジシャンのよう(>_<)。

また、紙幣偽造から小銭にするような犯罪を防ぐ目的でも両替禁止となっています。レジのドロワーを開けた瞬間、強盗に合うということもあります。コンビニなどで、両替禁止とされている一般的に認識されている理由ですね。

お店に不利益が発生するため

銀行の両替機や、窓口で両替するのも上限が決められています。それ以上については、手数料が発生します。コンビニでは紙幣・硬貨共に、つり銭がかなり必要となります。それにかかる両替の手数料の経費もバカになりません。

またほとんどの銀行は、コストダウンのために両替機は1台しか設置していません。運が悪いと、行列ができていて待たされることも(>_<)!そのため銀行に両替に行くと、一人の人員が長時間お店を離れなくてはならず、コンビニ内でのサービス業務にも支障が出てきます。

まず両替禁止の理由として、現在これが一番の理由と言ってもいいくらいでしょう。

他のお客様に迷惑がかかるため

レジで両替をすることでかかる時間、短いようで長いものです。それによって、お買い物でレジに並ばれているお客様が待たされたりすると迷惑です。よく支払いの時に小銭をなんとか減らそうと・・。お財布からゴソゴソ探して時間がかかっている人っていますよね?

もう、これだけでも後ろで精算を待っているとイライラするものです。それが個人的な両替なんて、もってのほか!!コンビニのレジはスピードが命。気軽にパッパッっとお買い物できるのがコンビニの良さです。

コンビニでは他のお客様に迷惑がかからず、気持ちよくお買い物してもらうように日々努力しています。両替禁止は、そのための理由ともなっています。

お店の売り上げ向上のため

両替したかったら、たとえ100円のガムでもジュースでも買えばいいだけです。ひとつでも売れれば、お店の売り上げになってきます。チリも積もれば山となる、というやつですね!

両替では手間だけかかるだけで、ちっとも売り上げには繋がりません。両替禁止は、このような売上向上の目的もささやかにあります。商売って、地道な努力の積み重ねなのです(^^ゞ。

まとめ

いかがでしたか?コンビニの両替禁止は一般的に浸透しています。

その理由は、

  • 防犯上のため

  • お店に不利益が発生するため

  • 他のお客様に迷惑がかかるため

  • お店の売り上げ向上のため

と4つあります。コンビニでは様々なコストと事情の中で、常にできるだけ安価で良質な商品を提供したいと考え努力しています。このためサービスレベルを決め、ルールとして両替禁止となっているのです。

今まで、コンビニで両替出来ない事について、”そのくらいしてくれてもいいのに・・”なんて思ってませんでした?もう、この4つの理由で大いに納得ですよね?!

以上、「コンビニの両替禁止は当たり前!4つの理由で大いに納得!!」でした。

スポンサーリンク

いつもシェアしてくれてありがとうございます。^-^)/

ゆるやかにフォローする

スポンサーリンク