コンビニバイトが辛い・イヤだと思うわけ!3つの要素がカギを握る!

130405

コンビニのバイトは募集もたくさんあり、未経験者でも気軽に始められる仕事のひとつとなっています。

しかし、いざ始めてみると意外に辛い・イヤだと思うことがあるようです。

それは一体どんな事で思うのでしょうか?

今日はコンビニバイトでの辛い事、イヤだと思うことをピックアップしてみることに!

解決策も用意してみましたので、是非参考にしてみて下さい。

せっかく入ったコンビニバイト、どうせなら楽しく思えるお仕事しましょう(^O^)/。

スポンサーリンク

コンビニバイトの仕事内容

コンビニバイトは、仕事内容のマニュアルがしっかりあるお店が多く、未経験者でも気軽に働くことができ人気となっています。

気になる仕事内容はというと、

  • レジ打ち
  • 接客
  • 商品の陳列
  • 簡単な調理
  • 店内清掃
  • 商品の発注

と、大きく6つに分かれています。

しかし、やはりメインの仕事は「レジ打ち」と「接客」(*^_^*)。

レジ打ちはネットサービスの普及と共に、かなり多彩な内容となっています。

誰でもできるように操作がマニュアル化されていますが、覚えなくてはいけない事はたくさんです。

それに伴いレジ打ちと接客は、カウンター内の仕事としてコンビニバイトの一番の花形業務となっています。

辛いと思う3つの要素

コンビニバイトってレジ打ちだけだと思っていたら大間違い。以外に肉体的に辛いこともあるのです。

それでは、ひとつずつ解決していきましょう(^O^)/。

不定期なシフト勤務や連日勤務

不定期なシフトや連日勤務は、実に身体が疲れるものです。この身体の疲れから、コンビニバイトが辛いと思い始める人が多くいます。

不定期なシフト勤務や連日勤務に関しては、オーナーと相談してみるのが一番の得策。

せっかくバイトしてお金が入ってきても、身体を壊してしまっては台無しです。自分の身体の調子を考えながらのシフト入りがベストですね!

勤務シフトは事前に申告すれば、融通がきくのがコンビバイトの良さです。

お店によって違いはありますが、出来る限りのシフト変更はしてくれるはずです。

関連記事 コンビニのバイトは深夜がねらい目!時間帯をチェック!!

忙しい時のレジ業務(お弁当の温めや袋詰めなど)

会社関係が近くにあるコンビニでは、お昼時や仕事終わりなどにお弁当を買いに来るお客様でレジは立て込んできます。

ただでさえレジ打ちで忙しいのに、その中にお弁当を買うお客様が多くみえテンテコ舞い(◎_◎;)。

電子レンジがフル稼働で出したり入れたり・・。袋詰めも慣れないと意外に難しい作業で、思うようにきれいに収まらなかったり・・。

忙しい時のレジ業務って、思っていたより大変な仕事ですよね?

素早くやらないといけないとか、レジ待ちのお客様の列を見てギョっとしたりと(◎_◎;)。

このような精神的プレッシャーから、コンビニバイトは辛い仕事と思うようになってくるのです。

しかしお弁当の温め時間は、長くても1分強くらいです。

カウンターで商品を受け取ったら最初に「お弁当温めますか?」と聞き、その後ほかの商品をスキャンするといいです。

そして、お弁当用の袋を先に準備しておきます。

そうすれば、丁度いいタイミングで温めが終わり、レジ業務がスムーズに終わります。

袋詰めに関しては、慣れるまで大きさを少し大きいものにしてみると入れやすくなります。

形がしっかりした商品(箱入りなど)をいれて土台を作り、積み木やブロックを積み重ねる要領で入れてみて下さい。

立体パズルをして遊んでる、と思って詰めると袋詰めが楽しくなりますよ(^O^)/。

関連記事 コンビニバイトが辛い・イヤだと思うわけ!3つの要素がカギを握る!

いろいろな掃除業務

コンビニのバイトは、レジ打ちや商品陳列だけでなく店内掃除も業務として含まれています。

床掃除、トイレ掃除、フライヤー・おでん・ドーナツの什器掃除など、掃除する所はたくさんです(>_<)。

これらの掃除を、お客様がみえたらレジ接客をしながら行うのです。

う~ん、これは確かに大変な作業です。ここで辛い・イヤだと思うか、思わないかは考え方次第!

コンビニとひと口に言っても“いい”コンビニと、どうもパッとしない“イマイチ”なコンビニがあります。まぁ全体的な雰囲気なのですが・・。

その違いを簡単に見分けるポイントは、店内の清潔度なのです。つまり、清掃活動(クレンリネス)がしっかり行われているか、いないかの違い。

自分のバイトしているコンビニが“いい”コンビニなら、堂々と友達にも話せます。お買い物にも来てもらえます。

自分の働いている職場に対してプライドを持つ意識さえあれば、辛い掃除業務も責任を持ってやれるようになってきます。

まとめ

いかがでしたか?

コンビニバイトは、誰でも気軽に始められる仕事として人気があります。

しかし、いざ始めてみると意外に辛い・イヤだと思うことがあるようです。

どうして、そのように思うのか探ってみると、

  • 不定期なシフト勤務や連日勤務

  • 忙しい時のレジ業務(お弁当の温めや袋詰めなど)

  • いろいろな掃除業務

これら3つの要素が原因となっているようです。

不規則なシフト勤務などでの肉体的に辛い場合は、オーナーにシフトを組み直してもらうなどで解決します。

また忙しい時のレジ業務で辛い場合、お弁当など温め商品を先に温めるなどしてスムーズに行えば解決します。

袋詰めも大は小を兼ねるの考え方と、立体パズルをして遊んでる要領で行えば楽しくなります。

最後のいろいろな掃除業務で辛い・イヤだという思いは、自分の働いている職場に対してプライドを持つ意識さえあれば乗り越えられます。

是非、参考にして楽しくお仕事して下さいね(^O^)/。

以上、「コンビニバイトが辛い・イヤだと思うわけ!3つの要素がカギを握る!」でした。

スポンサーリンク

いつもシェアしてくれてありがとうございます。^-^)/

ゆるやかにフォローする

スポンサーリンク